<チェコ>カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭

2019年6月28日~7月6日、第54回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭が行われました。
カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭は、チェコのマリアーンスケー・ラーズニェで1946年に
初めて開催され、その翌年カルロヴィ・ヴァリに会場が移転しました。
それ以降毎年6月の後半に行われています。


フェスティバルには映画関係者、ファンが訪れ、コンサート、セレモニー、パーティー、
記者会見などたくさんのイベントが開催されます。
フェスティバルの会場の中心はサーマルホテルですが、街中で映画上映が開催されます。
毎年、日本作品も数点、上映されています。


毎年世界各国の200以上の新作映画を上映し、この映画祭で第一位を獲得した映画は、
クリスタル・ グローブ賞を授与されます。
今年の受賞作は、ブルガリア・ギリシャ合作映画の「The Father (Bashtata)」でした。
クリスタル・グローブ賞にはモーゼル製のクリスタル・グローブが授与されます。

 
クリスタルグローブ(モーゼル提供)


モーゼルは名高いワイングラス、タンブラーなど、テーブルウェアだけでなく、
アーティスティックなオブジェも有名です。
今回はモーゼルの花瓶やオブジェ等のアート作品をご案内致します。